2009年05月15日

モスキートーン

今日、たまたま見たTVでモスキートーンについての話題が出ていました。年を取るにつれて聞こえなくなり、若者にしか聞こえないっていうアレです。

音楽でいう楽器の聞き分けとかとは違いますが、普段周りからよく「耳が良い」とか、「地獄耳」だとか言われることが多いので、32歳となった自分が周波数的に、実際どのくらい聞こえてるのか知りたくなりまして。

良く使用されるモスキート音とは17000Hz前後の高周波だそうです。
サイトを調べまくったところ、音とその周波数を同時に教えてくれるソフトを見つけたので、これで調べてみました。

可聴周波数域チェッカ
http://masudayoshihiro.jp/software/mamimi.php

その結果が画像のとおりです。
shuuha.jpg

これは、左下の16610Hzまで聞こえましたってことです。
う〜ん・・・。要するにモスキートーンは聞こえないってことすねwww

30代では聞こえる人は殆どいなくなるそうですし、そういう意味でしっかり歳はとっているようです(・_・;
また、地獄耳と可聴周波数域は関係ないってことも立証w
posted by てっぺ〜 at 22:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽関連
この記事へのコメント
その後のテストで何回かやってみたところ、16800Hzくらいまでは、聞こえることもあるようです。まあどっちにしろ17000Hzには届かないですがw

妻にも聞かせてみたけれど、15500Hz前後が限界のようでした。
Posted by てっぺ〜 at 2009年05月15日 23:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29171268
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック